新しいパソコンを買いたい。でも古いパソコンと一緒に置いておくスペースはないのでパソコン処分したい、と思う方は多いですね。さて、パソコン廃棄する方法として、メーカーに回収してもらう、あるいはパソコン廃棄業者売るなどの方法も考えられますが、古いパソコンはまず買い取ってもらえず、シールが無ければメーカーによる回収も有料になります。

さて、ここで他にパソコン処分する方法として有効なものを考えてみましょう。

■パソコンリサイクル業者を利用すると
パソコンメーカーとは別に、パソコンリサイクル業者という、パソコン廃棄あるいはパソコン処分を無料で請け負ってくれるところが存在します。一部有料のところもあるようですが、処分費用は無料で扱ってくれるところが多いようです。

■なぜ無料でできるのでしょうか
パソコン自体は壊れたりしていても、無事な部分、あるいはさらに細かく、鉄やアルミ、レアメタルなどを取り出して利用することを目的としているからです。ですので、PCリサイクルシールの有無にかかわらず、無料で引き取ってくれることが多いようです。

実はパソコンリサイクル業者のメリットはこれだというものがあるんですよ

■本当に完全無料なのでしょうか
実際のところ処分費用は無料ですが、引き取りにくる配送料、あるいは不要パソコンを送る送料だけ有料、ということが多いようです。時々自宅近くで聞こえる不用品引き取りの業者の場合も、処分費とは別の手数料がかかることがあります。PCリサイクルシールがあった場合、メーカーは着払いで受け付けてくれますので、シールがあればメーカーの方が安いということになりますね。

基点=パソコンの廃棄を無料でしたい http://www.pczero-web.com/

つまり、リサイクル業者に依頼するのは、シールがないパソコンに対しては非常に有効な処分方法ということになりますね。

◆パソコン処分のオーソドックスな方法はこれ!というものも知っておいて損はないでしょう
今や現代人であることを象徴するかのようなデバイスとして存在するものに、パソコンがありますね。パソコンの存在を知らない現代人は皆無に等しいでしょうが、このパソコン、年々新しいモデルが発売されて、いつの間にか自分の持っているマシンが古い、などということはよくあります。

新しいのを買うのはいいけれど、今まで使っていたパソコンはどう処分しよう、というのは、悩みどころですね。ここで、パソコン処分する方法についてちょっと考えてみましょう。

■単純に「燃えないゴミ」ではダメなのでしょうか
ダメなのです。「資源有効利用促進法」という法律に基づいて、地方自治体では不燃物や粗大ごみとしてパソコンを回収することが出来なくなっているのです。

■ではどうすればいいのでしょうか
上記の法律では、パソコンは「メーカーによる自主回収・リサイクル」が義務づけられています。購入する時点で処分するときの方法や連絡先、かかる金額などが指定されていることがほとんどですので、あらかじめ確認してみるといいでしょうね。

■パソコンを処分するのに、どのくらいのお金がかかるのでしょうか
PCメーカーにパソコン廃棄してもらう場合、PCリサイクルシールがあると無料で回収してくれますが、PCリサイクルシールのないパソコンは、PCメーカー製品であっても3千円~4千円、自作パソコンなどだと4千円~5千円かかるのが相場のようです。

ちなみに、パソコン本体とモニターが法律の対象になっています。

■買い取ってはもらえないの
パソコンはすぐに新しい型が出るので、数世代前の型だと、値はほとんどつきません。パソコン買い取り業者に買ってもらえるなら、一番効率のいい処分方法ですね。